創作ノート, 日々

『ショーン・タンの世界』を読んだ。
彼の画机の横には手帳が積んであって、