砂漠の街:未完

砂漠の街

梅雨の間ずっと描いていた砂漠の漫画は
未完のままお蔵入りにした。

途中までスムーズに進んだのに
つまって
そこまで仕上げたものも
とたんに駄作のような気がして
満足できなくなって
わずか11ページで封筒に封印された。
(読み切り4、50ページに膨らむはずだった)

ネームの途中で見切り発車したのがいけなかったのかもしれない。

カラーページ

最初の4ページをカラーにした。

でもね、
なんとかしようとあれこれするうちに
作品がたくさんのイメージを授けてくれたから
無駄じゃなかった。
くやしいけど。

ひとりになれない。
なりふりかまわず集中することができない。
環境整えなきゃなぁ。

仕事場が欲しいゾォ〜。

喉から手が出るほど